PAGE TOP

脱毛サロンで施術ができないのはどんな人?

痛くない?!SSC脱毛とは?【*レーザー脱毛との違いは】

SSC脱毛などの光脱毛とレーザー脱毛についてご紹介!

脱毛できない条件
幾つか脱毛できない条件はありますね。

・希望の部位を日焼けして黒くなっている ・酒を飲んでいる ・服薬中である ・極端に肌が敏感である ・女性であれば生理中のVIOの脱毛

等そのサロンによっても取り決めがあるでしょうから、隠さず色々相談したほうがいいと思います。

その時の判断になるんでしょうが、後で思わぬトラブルにならないようにしましょう。

酒を飲んでいく人はあまりいないと思うんですが、断られてた当然でしょうね。

また当日生理中であれば、予約を変更してもらう事も可能ですから対応はできますが、次回の予約の際は自分の予定日に合わせてもらうようにして下さい。

次に厄介なのが日焼け。日焼けで黒くしたという場合は別として、知らないうちに紫外線で黒くなってしまった、とならないようにしないといけませんよね。

紫外線って案外7月が最も強いと言われるんです。肌の露出も多くなる時季。

そうなれば脱毛はその前からやるのがベストですね。

ただ脇脱毛やVIOの脱毛に関しては、そんなに日に当たる場所じゃないので大抵大丈夫だと思うのですが、夏に海だプールだと計画を立てている人は、その1ヶ月前位には処理済にしていた方がいいですよ。


光脱毛もレーザー脱毛も同じなんですが、黒いものに反応します。脱毛する箇所にジェルを塗って、そのジェルが光に反応して毛根まで熱を伝えて、そして組織を破壊してくれます。その時皮膚が黒い状態であれば、光が分散するので効果が薄れるわけです。

それでも何回か照射するうちに、少し肌が黒くなっていたビキニラインの毛は、生えてこなくなりました。

今もツルツルの状態をキープです。

先日は日焼けサロンと海に行って、バッチリ焼いてきました。

脱毛もほぼ完了したので、ビキニラインから思いっきり中に入った所までの水着を穿いて、日焼け跡をつけてます。

大体の人は脱毛OKだと思います。最近は男性で脱毛をしたいという人が増えていますよね。

一番多い場所はヒゲです。これは十分分かりますね、しかし次に多いのが何と陰毛脱毛とのことです。
寧ろ近年男性専門のエステが出来てきていますので、脱毛は当たり前になってくると思います。

私は脇と陰部それにお尻の脱毛をしました。特に私のようにTバックの下着を穿くという人は、お尻の処理は必須ですね。
常に快適です。一度陰毛を全部脱毛して無くなった状態にすると、とってもスッキリします。

おそらく元には戻りたくなくなると思いますよ。
関連記事