PAGE TOP

脱毛器の能力も上がっています

痛くない?!SSC脱毛とは?【*レーザー脱毛との違いは】

SSC脱毛などの光脱毛とレーザー脱毛についてご紹介!

脱毛器の能力も上がっています
脱毛器の能力も上がっていますが、やはり、プロの技術と業務用の脱毛器には及びません。実際、脱毛サロンの方が安全性が高く、脱毛も安心です。





出来るだけきれいに脱毛したい方や痛がりの人、肌の状態が良くないと感じる人は、脱毛サロンがいいのかもしれませんね自宅で手軽に脱毛したいと思う場合は脱毛器の方がいいでしょう。



脱毛サロンのカウンセリングなどをただでうけて、うけた直後、強制的に書面にサイン指せられてしまう場合も少なくありません。

でも、一定の条件が整っていれば、制度を利用して契約を解除することが出来るはずです。





ただし、脱毛サロンは契約解除制度を使えますが、病院でのムダ毛処理の場合はクーリングオフがあてはまらないため、相談することになります。



初めて脱毛器を使う人が気がかりなのが痛みだと思います。痛さを感じない脱毛器もあれば、刺激を強く感じる脱毛器もあります。そして、太い毛や皮膚の薄い場所を脱毛した場合には、強烈な痛みを感じる事が多いものです。







利用する部位や肌の状態に合わせて強さを調整できる脱毛器を見つけるのがお薦めです。



家庭用の脱毛器は毛抜きを使うよりは、肌に負担をかけない方法になります。

永久脱毛をうたったものもありますが、レーザーは基本的に医療機関以外では使えない決まりになっているので、永久に毛が生えない状態にはなりません。しかし、繰り返し使うことで、毛を減らすという効果を得ることが出来るはずです。ある程度は脱毛処理のいらない状態にもっていくことは出来るのです。一般的に、医療脱毛によって一つの部位の脱毛を終えるには、1年から1年半はかかるらしいのです。

1年はかかってしまうと聞いて長すぎると感じた人もいるかもしれませんが、脱毛サロンですと、もっと時間がかかってしまいます。1回の脱毛によって出る効果はそれほど強くないので、医療脱毛並の仕上がりを期待するのならば、10回以上通うことを覚悟しないと駄目です。





脱毛サロン利用のきっかけは人により様々でしょうが、中には出産を契機に脱毛したいと思うようになったという女性もいるのですが、小さいコドモを連れて利用できる脱毛サロンは珍しいのです。







単なるカウンセリングでさえコドモを連れては「お断り」というおみせも相当あるでしょう。







しかしながら大手を避けて中小規模のおみせを探してみると、子連れOKのところもありますし、巨大ショッピングモールなどの中にあるおみせでしたら、施設の託児スペースを利用できるので便利です。昔からの脱毛法と光脱毛をくらべると、痛みが弱く、肌への負担が少ない脱毛法として主流になっています。しかし、人によって、肌の質は異なるものです。



敏感肌の人は光脱毛を行うとヤケドしたような症状になることもあるでしょう。

それに、日焼けした後に光脱毛の処置をうけると、ヤケドを負った状態になりやすいため、注意する必要があるのですね。

大手脱毛サロンは世間の評判をとても気にしますので、無理に勧誘しないように意識付けにつとめています。軽く勧誘されることはあるかもしれませんが、無理矢理な勧誘はすることはないと言っていいでしょう。

出来るなら勧誘されたくないと考えるのであれば、大手脱毛サロンを選んで利用するようにしてちょーだい。



仮に、勧誘された時には、大事なのははっきりノーを言うことです。
関連記事